メニュー 閉じる

参考にしたい♪ジャージもTPO!

ジャージにもTPOがあります。

TPOとはご存知のように、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)。

要するに、時間・場所をわきまえて、相手のことを考えて洋服を着用することです。

その参考にしたい例がこちらの映像です。

解説している男性が着用しているのは、デマルキ製品で隠れた人気の「アタラ」プロチームのウールジャージ。

あなたはそれに気づかれましたか?

気づかれたあなたはサイクルジャージの知識を豊富に持っておられます方です。

気づかれない方でも「あっ、素敵なジャージ!」と思われるだけで十分。

そう。サイクリストである観客を意識したスタイルになっているのです。

解説者がプロ選手と同じようなプリントジャージを着るのは違和感がある。

かといって、ジャケットやスーツだとフォーマル感があり過ぎる。

クラシックなウールジャージなら、その歴史観や世界観も伝わりますし、本人の自転車に対するリスペクトも感じます。

見ている相手、即ち観客のことを考えて歓ばれるものを着用したという意図を感じます。

ジャージのTPOに意識することで、相手を喜ばせることが出来る。

参考にされてみては如何でしょうか。