メニュー 閉じる

デマルキ製夏のアームスクリーン3モデルを比較

1.ULTRALEGGERI_ARM_SCREENS_SS16_all 2016ウルトラ・レジェラ・アームスクリーン

2.15SSARMSCR_2 15SSARMSCR_12015アームスクリーン

まず2016ウルトラ・レジェラ・アームスクリーンと、2015アームスクリーンには、ほとんど違いはありません。

ともにcoldblack(R)という特許技術を用いた、冷却に特化した機能を有します。

一方、ロゴのリフレクターが少し大きくなった違いがあります。

リフレクターのストレッチ性が進化しており、それを取り入れたのが2016ウルトラレジェラ・アームスクリーンです。

3.4_SEASON_SPORTWOOL_ARMS_11_all2016 4シーズン・アームスクリーン

4シーズン・アームスクリーンは、夏涼しく冬暖かいというウールの特徴を生かした製品です。

気温25℃を超えるあたりから大量に汗をかきますが、その汗の蒸発を効率的に維持するのがウールです。

そのため、涼しさを長く得られるのが特徴です。

逆に冬は、体から発せられる蒸気をウールが吸収し液体化させるので熱を発します。

生地が温まり、体も温まります。