メニュー 閉じる

お客様が演者

蒸気機関車は舞台

私のお気に入り番組である日本の名所を紹介する「Train Cruise」(NHK WORLD TV)を観ていたところ、

熊本の蒸気機関車を紹介するシーンがありました。

その愉しみ方が次のように紹介されていました。

「蒸気機関車は舞台、

乗務員が監督であり演出家であり照明スタッフであり、

お客様は最高の舞台に立つ演者。

お客様はその演者になって演技を愉しむ。

そのような楽しみ方ができるのが蒸気機関車である。」

かなり要約しましたが、そのような趣旨でした。

ただ単に旅行に参加するのではなく、設けられたステージの一員となって、ステージそのものを創り上げる。

演者であれば、観客を魅了することも求められます。

振る舞いも自然とそれらしくなり、魅力的に見せることができるようになります。

そんな風に自分が演者だと思うと、鉄道旅行もひと味もふた味も変わってくるのですね。

2017春夏 最上位グレード コルティナ ジャージ / CORTINA JERSEY Spring-Summer 2017

 

デマルキ京都店も舞台

そこにいるお客様は出演者です。

その舞台でどのように振る舞い、観客を魅了するか

お客様のパフォーマンス力が発揮されます。

デマルキ京都店 店舗情報